ラディアス札幌店では、個々のお客様がコーティングに求めているもの、現在のお車の状態や、環境、使用条件、またご予算に応じて最もベストなコーティングをご施工いただけるよう、下地処理の種類で3コース、コーティングで5コースの中からご選択いただけるシステムとなっており、その組み合わせにより施工料金が算出されます。

■下地処理のコース:見た目の美しさが決定されます。美観が高い順より「プロポリッシュ」→「ライトポリッシュ」→「洗車(脱脂)のみ」となります。
  
 【各下地処理コースの内容については「こちら」をご覧ください。】

■コーティングコース:それぞれのコースでコーティング剤や施工方法の違いにより、膜厚や強度及び耐久性(持続性)などが異なります。保護性能が高い順より 「Tevoナノグラフェンコーティング」→「ラディアスコート・プロスタイル」→「ラディアスコート・ライトスタイル」となります。

グラフェン(炭素)硬化型コーティングシステム
TEVO(ティーボ):ナノグラフェンコーティング

世界最強の材料として今注目を浴びている「グラフェンナノチューブ」配合

グラフェンとは炭素原子同士が蜂の巣状に結合しシート状になったもの(図1)で、それが筒状の3D構造になったものが「グラフェンナノチューブ 」(図2)となります。

「グラフェンナノチューブ」は複数層の「複層グラフェンナノチューブ」と1層の「単層グラフェンナノチューブ」に分けられますが、特に「単層グラフェンナノチューブ」は非常に優れた性能を有しており高い熱伝導性、導電性、耐熱性など様々な特性を持ち合わせていますが、その中でもコーティングとの関連性から見た時の特記すべき点として、同じ炭素結合のダイヤモンドに匹敵するほどの強度(鉄の数百倍以上)がある事が挙げられます。また、この材料自体がほとんど全ての材料と互換性があり基本成分に取り組む事が出来るため、コーティング剤に安定的に配合させることで従来のガラスコーティングの強度、耐久性を凌ぐ新技術のコーティング剤として「ナノグラフェンコーティング」がここに誕生いたしました!

この度、実車などによる様々な検証を終え、ついにラディアス至上最強のコーティングメニューとして北海道初上陸です!今までの常識を覆す新時代、最先端技術のコーティングを是非お試し下さい。

グラフェン:図1

グラフェンナノチューブ:図2

TEVOナノグラフェンコーティングの特徴

耐久性 60ヶ月
厚さ 2層式【1層あたり0.8μm(ラボ計測値)】
硬度 10H(鉛筆試験硬度)
水接触角 115°
耐熱性 320℃
初期硬化 36時間
完全硬化 7日間

施工時間 【洗車(脱脂)のみ】(新車コース) 3日〜4日
【ライトポリッシュ】 5日〜6日
【プロポリッシュ】 7日〜8日
施工料金 【洗車(脱脂)のみ】(新車コース) 105,000円(軽自動車)〜
【ライトポリッシュ】 120,000円(軽自動車)〜
【プロポリッシュ】 150,000円(軽自動車)〜
皮膜残存期間 5年間【平均値】

 


硬化型ガラスコーティングシステム

■硬化型ガラス皮膜 コーティングシステム
現在のガラスコーティングにおいて最も高い性能を持つ「硬化型ガラス皮膜」を形成するコーティングシステム。その中でも、お客様がコーティングに求める性能など多様なニーズにお答えするため、3種類のコースからお選びいただけるシステムとなっております。

〈施工後のメンテナンスについては「こちら」をご覧下さい〉

■ベースコート【BCー01】
ラディアスコート・プロスタイルの全てのコースに使用されるベースのコーティング剤となります。
硬度は最高水準の最高9H、膜厚は一般的なガラスコーティングに比べて数倍の最高4〜5ミクロンに及ぶ厚い被膜を形成し塗装面をガッチリと保護いたします。また、コーティング分子を細かくすることにより塗装面に強固に密着させる事が出来るため高い耐久性を実現します。

■トップコート【TCー01】
上記「ベースコート【BC-01】」に近い性能を有しながら、長期間持続する撥水効果と汚れやシミの付きにくさ、落としやすさ、艶感の性能を更に向上させた最先端ガラスコーティング剤。「ラディアスコート・プレミアム」以上のコースに使用されます。



■プラスαコート
上記2つのガラス被膜の保護剤として全てのコースの一番トップに使用するコーティング剤となります。結合力が強い3次元ガラス骨格構造レジンを高濃度配合することにより、単体でも1年間効果が持続するほどの性能を有しております。汚れやホコリが付きにくく、拭き取りやすくなり、美しい光沢と撥水効果が持続します。

 


ラディアスコートの排水形態
ラディアスコートは施工時は付加価値として撥水性を持たせておりますが、最終的にはガラス皮膜本来の水が平らに引いて無くなっていく形態になります。決して撥水が弱くなったからと言ってコーティング皮膜自体が無くなっている訳ではありませんのでご安心ください。詳しくは下のYouTube動画をご覧ください!


「ラディアスコート・プロスタイル」標準コース
・車庫保管の場合で常時使用されない場合などは、このコースでも十分な効果を発揮できます。


■皮膜イメージ:二層式


「ラディアスコート・プロスタイル」の標準コースとなります。
ベースコートに最高硬度9H、最高膜厚4〜5ミクロンの完全硬化型ガラス被膜【BC-01】を設置して塗装面を強固に保護し、トップに更にお手入れをしやすくし、長期撥水効果をもたらす高濃度3次元ガラス骨格構造の「プラスα被膜」を設置する2層式ガラスコーティングシステムとなります。先端技術を用い、コーティング分子を細かくすることにより塗装面に浸透、密着性を高め耐久性を向上させると共に、汚れの落ち易さ、撥水性、艶、肌触りと言った実感できる性能を高いレベルで長期間にわたり発揮いたします。

施工時間 【洗車(脱脂)のみ】(新車コース) 3日
【ライトポリッシュ】 3日〜4日
【プロポリッシュ】 5日〜7日
施工料金 【洗車(脱脂)のみ】(新車コース) 55,000円(軽自動車)〜
【ライトポリッシュ】 70,000円(軽自動車)〜
【プロポリッシュ】 95,000円(軽自動車)〜
皮膜残存期間 3年間【平均値】



さらに耐久性、保護性能を高めたプレミアムなコース <過酷な使用環境の方におすすめ!!>
・屋外保管の場合で常時使用される場合などは、3層式によるこちらのコースが安心です。

■皮膜イメージ:三層式

上記「プロスタイル(ベーシック)」の耐久性と撥水性をより高めるために、一層目のベースコート(BC-01)の上に更に種類の異なる硬化型ガラス被膜(TC-01)を設置し、最後に「プラスα皮膜」を形成するデュアルプロテクションコーティングシステムです。2層目のTC-01はベースコートと同等の膜厚、硬度を持ちながら、更に艶の向上と汚れやシミを付くにくく落としやすくするための成分と、撥水効果を長期間持続することを可能とした構造となっております。毎日お車を使用される場合や常時屋外保管、過酷な環境下においても3層にわたる強固なガラス皮膜で塗装面をしっかりと保護いたします。

施工時間 【洗車(脱脂)のみ】(新車コース) 3日
【ライトポリッシュ】 4日〜5日
【プロポリッシュ】 6日〜8日
施工料金 【洗車(脱脂)のみ】(新車コース) 75,000円(軽自動車)〜
【ライトポリッシュ】 90,000円(軽自動車)〜
【プロポリッシュ】 120,000円(軽自動車)〜
皮膜残存期間 4〜5年間【平均値】



新しいテクノロジーを駆使した現段階において史上最強のコーティングコース

■皮膜イメージ:四層式

現ガラスコーティングにおいて、もっとも耐久性と強度を追求した4層式のガラスコーティングシステムとなります。一番強度と保護能力の高いベースコート(BC-01)を2層に渡り設置することにより圧倒的な保護層を作り上げます。年数が経過し低密度となった塗装面や、過酷な自然環境や使用状況の方には特におすすめです。

施工時間 【洗車(脱脂)のみ】(新車コース) 3〜4日
【ライトポリッシュ】 5日〜6日
【プロポリッシュ】 7日〜8日
施工料金 【洗車(脱脂)のみ】(新車コース) 90,000円(軽自動車)〜
【ライトポリッシュ】 105,000円(軽自動車)〜
【プロポリッシュ】 135,000円(軽自動車)〜
皮膜残存期間 5年間【平均値】



■「ラディアスコート・プロスタイル」のコーティング性能

無機ガラス質皮膜のみでは理想的なコーティングは実現できません
現在、皮膜が堅く酸化しないなどの利点から、強度と耐久性のある「無機質ガラスコーティング」が主流となっておりますが、実はその反面、施工直後の硬化不足による初期の不安定さから耐水性や耐候性が弱く、雨ジミや水垢の固着の原因となり、それが著しく美観を損ねてしまう結果となり、また汚れが固着、一体化しやすいため、その後のお手入れのしにくさといった弱点がございます。「硬質な皮膜で塗装面を守る」といった基本的なことはもちろんではございますが、果たしてお客様が一番望んでいることは何でしょうか。それは・・・・

「汚れがつきにくく、かつ簡単な洗車で施工直後のキレイな状態を長期間維持することができる」ことではないでしょうか

ラディアス札幌ではそのことを念頭に置き、完成されたガラスコーティングこそが「二層式コーティングシステム」による「ラディアスコート・プロスタイル」でございます。

ベースコートでは硬質なガラス皮膜によりオリジナルの塗装をしっかり守り、トップコートでは上記でご説明した無機質ガラス皮膜の欠点を補うため、汚れを寄せ付けないためのプラスα皮膜を施工いたします。まさに強度とお手入れのしやすさの両方を兼ねのなえた最も理想的なコーティング効果を実現いたします。

今までも無機質のガラス皮膜のうえに別のコーティング剤を施工するといった手法をとる二層式のコーティングはございます。しかし、トップコート自体が汚れが付き易く固着させてしまう物質や、すぐに取れてしまうようなものでは意味がありません。ラディアス札幌が独自に採用しているプラスα皮膜は最も汚れにくい皮膜であり、かつ、ベースコートに強固に密着させることにより、その効果を長期間維持することが可能です。

一般的に雨ジミやイオンデポジットが付き易い濃色車であっても「ラディアスコート・プロスタイル」は通常の無機質ガラス皮膜のみのガラスコーティングに比べ高いレベルで防ぎます。

もう一点、硬質なガラス皮膜になるほど皮膜は薄くなります。堅いうえに皮膜が厚くなればひび割れを起こしてしまうからです。一般的な完全硬化型無機質ガラス皮膜の厚さはせいぜい1ミクロン以下です。堅いガラス皮膜であっても必ずキズは付いてしまいます。皮膜が薄ければ薄いほど、おのずと塗装面に到達するキズも増えてきてしまい、そのキズを除去する場合、その分オリジナルの塗装を研磨しなければなりません。

当店のトップコートであるプラスα皮膜は適度な弾力性を持たせることにより硬質な無機質ガラス皮膜に比べ数倍を膜厚を有しております。さらに、弾力性のある皮膜がキズを吸収し、ベーズコートのガラス皮膜及び塗装面に到達するキズを少なくすることで、コーティングの再施工を行う際やキズの除去を行う場合など、オリジナルの塗装をなるべく研磨、負担をかけることなく施工することが可能となります。

塗装は一番表面が堅く、粒子が細かいため強度があります。削れば削るほど塗装が柔らかく粒子も荒くなるため、強度がなくなり汚れも付き易くなってしまいます。少なからずコーティング自体の強度も塗装面の強度に依存するため、おのずと塗装面はなるべく削らない方が良いということになるのです。このような観点からも「ラディアスコート・プロスタイル」の二層式コーティングの効果が発揮されているのです。

■ガラス繊維素樹脂皮膜 一層式コーティングシステム
ガラス樹脂繊維素被膜による単層式コーティングシステム。新車を購入したので「とりあえず何かコーティングを・・・」という方にリーズナブルに設定したコースとなりますが、厳選された液剤の使用、さらに独自の皮膜定着技術により、その性能はディーラーや一部有機物を含むガラス系コーティングと比較して、圧倒的な性能の違いを実感いただくことができます。 

施工時間 【洗車(脱脂)のみ】 1日
【ライトポリッシュ】 2日〜3日
【プロポリッシュ】 -
施工料金 【洗車(脱脂)のみ】 28,000円(軽自動車)〜
【ライトポリッシュ】 42,000円(軽自動車)〜
【プロポリッシュ】 -
皮膜残存期間 1年間【平均値】