最近の記事一覧

»記事新着順一覧へ

カレンダー

2020年7月記事一覧
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

»過去の日誌を見る

カテゴリー

2020年5月28日(木)

マツダ・スピードアクセラのガラスコーティング完成いたしました!

ガラスコーティング施工でお預かりしておりました「マツダ・スピードアクセラ」が完成し、オーナー様へご納車させていただきました。

札幌市手稲区からお越しのK様
・コーティングコース:プレミアム
・下地処理コース:プロポリッシュ
8613.jpg
マツダ車は「鼓動デザイン」が採用されてから爆発的な人気を博しましたが、この頃のマツダのデザインも今見ても全く色褪せる事がなくカッコイイですね!

さて、お車は2012年式で、走行距離75,633㎞の状態でご入庫いただきました。
オーナー様におかれましては、ご購入時にディーラーでコーティングを施工され、その後ご自身でも硬化型タイプのガラスコーティングを施工されておられましたが、今回は専門店で塗装面からしっかりとリフレッシュをしてガラスコーティングを施工しておきたいとの事で弊店にご依頼をいただきました。

ホワイトカラーはキズは目立ちにくいですが、その分黒ずみの汚れが目立ちます。特に普段お手入れが届きにくい隙間部分などは年数の経過と共に頑固な黒ずみの汚れが蓄積され美観を著しく損ねてしまいます。作業中のブログ記事でも記載しておりますが、オーナー様もこの状態を気にされておられましたので、しっかりと隅々までキレイに処理させていただきました。

◆隙間に蓄積し固着してしまった黒ずみの汚れの一例
before
8603.jpg
after
8604.jpg
ボディ全体の汚れ、固着物がスッキリしたところで下地処理に入ります。
改めて専用照明で確認いたしますと、ほとんどが深い線キズで覆われている状態でございました。上段でホワイトカラーはキズが目立ちにくいと書かせていただきましたが、このレベルになると流石に目立ちます。
before
8607.jpg
通常よりも多少お時間はかかりましたが、ラディアスの高度下地処理にて最大限小キズの処理を行い、美しい艶のあるボディに復活させていただきました!
after
8623.jpg
before
8606.jpg
after
8624.jpg
before
8608.jpg
after
8625.jpg
before
板金塗装修理された際の磨きの技術不足で残された磨き痕(オーロラマーク)
8605.jpg
after
8622.jpg
最大限リフレッシュされた塗装面に、3層のガラス皮膜を施工する「ラディアスコート・プレミアム」でガッチリと保護させていただき完成でございます。更にガラスならではの透明感が増し加わり、まさに入庫時とは別物の美しさとなりました!
8626.jpg
オーナー様にも、その仕上がりに驚かれたご様子で「専門店でガラスコーティングをお願いして本当に良かったです!」と大変ありがたいお言葉を頂戴する事が出来ました。

マメにお手入れをされるオーナー様でございますので、きっと長期に渡りこの美しい状態を維持出来る事と思います。

この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。
末長く大切にお乗り頂ければ幸いでございます。
8617.jpg
8615.jpg
8614.jpg
8611.jpg
8612.jpg
8610.jpg
8619.jpg
8621.jpg
8620.jpg
8618.jpg
8616.jpg

前へ
マツダ・スピードアクセラご入庫いただきました!
マツダ・スピードアクセラご入庫いただきました!
マツダ・スピードアクセラご入庫いただきました!
ポルシェ・ケイマンご入庫いただきました!
ポルシェ・ケイマンご入庫いただきました!
次へ
ポルシェ・ケイマンご入庫いただきました!